トランクルームの歴史と活用のおすすめ

by author



トランクルームという言葉を最近よく聞くようになりました。

ではトランクルームとは何でしょうか?これは個人や企業の物品を収納する貸し倉庫等の施設のことです。

最近は認知度が上がってきていますが、レンタル収納スペース、レンタルボックス、レンタル倉庫、セルフストレージなど様々な呼ばれ方をしています。


どのような使われ方をしているかというと、自宅や会社などで保管するならがさばるような物を預ける方が多くおられます。

例えばスキーやスノーボード、ゴルフバッグといったレジャー用品や、バイクや、タイヤ、ストーブなど多岐にわたります。その他の活用の仕方としては、引越しの時に家財や備品などを一時的に保管したり、自宅では、保管しにくい様々なコレクションの保管にも活用されています。
最近では、災害の際に自宅に置いておいたものをすべて失わないようにするためのリスク分散対策としてもトランクルームの価値が注目されるようになっています。


このサービスの歴史は昭和6年に倉庫業者がトランクルームを開設したことからスタートします。

大門のホテルの情報を簡単に探すことができます。

昭和50年頃にはこの保管業務が首都圏を中心に広がりました。


1986年には標準トランクルームサービス約款が実施され利用者の保護が確立されるようになりました。

利用料は基本的には月額費用という形で支払います。



倉庫の場所であったり借りるスペースによって料金は異なるものになります。

青山のレンタルオフィスの情報を求める人におすすめのサイトです。

東京都心であれば0.5畳ほど借りるのに大抵は5000円以上かかるのに対し地方では2000円ぐらいで借りれる場合もあります。

名古屋のカメラレンタル情報をお教えします。

自分のライフスタイルに合わせて賢く活用してみましょう。

他種類に及ぶ石垣島のレンタカーのクチコミ評価が高いです。